ツール・ド・北海道2017
Union Cycliste Internationale ASIA TOUR Japan Cycling Federation
競輪&オートレースの補助事業 KEIRIN.JP toto(スポーツは育てることができる)
■写真
最終表彰式
個人総合時間賞 ガルシア マルコス(キナンサイクリングチーム) 個人総合時間賞 ガルシア マルコス(キナンサイクリングチーム) 個人総合ポイント賞 岡本 隼(愛三工業レーシングチーム) 個人総合ポイント賞 岡本 隼(愛三工業レーシングチーム) 個人総合山岳賞 冨尾 大地(鹿屋体育大学) 個人総合山岳賞 冨尾大地(鹿屋体育大学)が優勝
個人総合時間賞 1位 マルコス・ガルシア(キナンサイクリングチーム)、2位 西薗良太(ブリヂストンアンカー)、3位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ) 団体総合時間賞 NIPPO-ヴィーニファンティーニ 団体総合 優勝はNIPPO・ヴィーニファンティーニ U26団体総合時間賞 鹿屋体育大学 U26団体総合時間賞 鹿屋体育大学
来賓 大会役員 主催者挨拶 山本隆幸大会長
NIPPO
ROYCE' SUBARU