ツール・ド・北海道2016
Union Cycliste Internationale ASIA TOUR Japan Cycling Federation
競輪&オートレースの補助事業 KEIRIN.JP toto(スポーツは育てることができる)
■コース情報
STAGE 3
◇STAGE 3 函館市函館競輪場前 - 函館市函館山山頂 77Km ロードレース 9/10(日)
第3ステージコース概要図
第3ステージ日程表
スタート
函館市
函館競輪場前
9:30
フィニッシュ
函館市
函館山山頂
11:20~11:31
表彰式
函館市
函館山山頂特設会場
11:45
NIPPO
ROYCE'
SUBARU

 第3ステージは、函館市(函館競輪場前)からスタートし、湯の川温泉街から旧戸井線を通って函館空港滑走路下のボックスカルバートをくぐり、道道879号(米原古川線)、道道83号(函館南茅部線)を走って鉄山町から道道41号(函館恵山線)に入ります。
 笹積山(ささづもりやま)登山口先(標高217m地点)で本ステージ最初の山岳ポイントを競った後、女那川町(めながわちょう)から国道278号を函館市街方向に右折しサンタロトンネル、日浦トンネルなど4つの連続するトンネルを抜けて、泊漁港前で中間スプリントを競います。
 さらに走ると左手に津軽海峡、前方には函館山の絶景を望みながら平坦基調の海岸線コースを疾走し、大森海岸(漁火通)まで走ると函館山が目前に迫ってきます。
 高田屋嘉兵衛像前から護国神社坂を駆け上り函館山登山道入口に入るとラスト4㎞。
 ヘアピンカーブが連続する平均勾配6.4%の函館山登山道が最後の勝負どころ。
 函館山山頂(標高326m地点)において最後の山岳ポイントを競うと同時にゴールとなり、本大会の覇者が決まる感動のシーンを迎えます。
第3ステージは、走行距離こそ77㎞と長くはないが、函館山登山道を登るのは大会史上初であり注目のコースです。

◇関係市町村の紹介(公式HPへ)
函館市