ツール・ド・北海道2017
Union Cycliste Internationale ASIA TOUR Japan Cycling Federation
競輪&オートレースの補助事業 KEIRIN.JP toto(スポーツは育てることができる)
■チーム
チーム一覧 #1 / Team List #1
1
NIPPO・ヴィーニファンティーニ
イタリア
ITALY
NIPPO-VINI FANTINI
NIPPO-VINI FANTINI
ツールド北海道には第3回(1989年)から出場し今日に至る。1988年、ソウルオリンピックで円谷選手をサポートした事を起因に日本鋪道レーシングチーム(実業団登録)として本格的に活動をスタート。様々な方々に支えて頂きながら本格的なロードチームを発展させて来た。今シーズンは㈱NIPPOもチームに関わり続けて30年目の節目を迎える。創部以来由縁が深いツールド北海道で今年も若々しいメンバーで「NIPPOのチームらしさ」を強くアピールし、勝利を目指す。

Founded in 1988 to support Seoul Olympic Games, as the Japanese club team, NIHON HODO Racing Team, the team has been participating in Tour de Hokkaido since the 3rd edition consecutively while contributing to develop the professional roadl team thanks to the much support by a large number of people. This year marks the 30th anniversary of the sponsorship by NIPPO CORPORATION. The team will go for the victory by the strong performance as NIPPO with young talented riders.
 
2
トレンガヌサイクリングチーム
マレーシア
MALAYSIA
TERENGGANU CYCLING TEAM
TERENGGANU CYCLING TEAM
2011年のチーム設立以来、アジア各国のレースに参戦し、実績を積み重ねてきた。
ツール・ド・北海道への出場は、2013年以来の3度目となる。

Since the establishment in 2011, Terengganu Cycling Team has raced through Asia and made good reputation by making good results. It is the 3rd times to partipate in Tour de Hokkaido since 2013.
3
セントジョージ コンチネンタル サイクリングチーム
オーストラリア
AUSTRALIA
 ST. GEORGE MERIDA CYCLING TEAM
 ST. GEORGE MERIDA CYCLING TEAM
セントジョージコンチネンタルサイクリングチームは、コンチネンタルチームを基盤とする新しいタイプのチーム。オーストラリアで最も活躍し、好成績を収めるセントジョージサイクリングクラブの育成チームの延長として、オセアニア地域でUCIコンチネンタル登録する4チームのうちの1つ。若手選手が多方面で成長し続ける基本的プラットフォームづくりとして、成長著しいUCIアジアツアーにおけるハイレベルな戦いに臨む。

St. George Continental Cycling Team is a club based Continental Cycling Team- the first of its kind!
The team is the development arm of Austraria's most successful and decorated cycling club, the St. George Cycling Club, and is one of only four UCI Continental Teams registered in the Oceania Region. Competing on the rapidly growing UCI Asian Continental Circuit, our young athletes are provided with a unique opportunity to compete at the highest level, and is a fundamental platform for continued progression for numerous facets of the sport.
 
4
韓国体育大学校
大韓民国
KOREA
KOREA NATIONAL SPORT UNIVERSITY
KOREA NATIONAL SPORT UNIVERSITY
韓国体育大学校は、オリンピックメダルを100個獲得した国内唯一の大学であり、優秀なスポーツ選手育成に尽力している。

Korea National Sport University is the only University in Korea which has
obtained 100 Olympic Medals and is dedicated to fostering excellent sports talents.
5
セブンイレブン ロードバイク フィリピンズ
フィリピン
PHILIPPINES
7ELEVEN ROADBIKE PHILIPPINES
7ELEVEN ROADBIKE PHILIPPINES

日本でも馴染みのあるセブンイレブンをメインスポンサーとするフィリピン籍コンチネンタルチーム。  2017年より台湾ブランド「TAOKAS」バイクを使用し、ツールドランカウイ(UCI2.HC)出場や直近のツールドフローレス(UCI2.2)では、ステージ優勝およびチーム総合2位など数々の入賞と好成績を収めている。今年から初となる日本人ライダーを加え、さらにチームは国際化し活躍の幅を広げている。

With 7 ELEVEN as the main sponsor, 7 ELEVEN ROADBIKE PHILIPPINES is a Philippine-based UCI continental team. Consisting of international riders including Japanese who joined this season, the team has been making good results with Taiwan brand “TAOKAS” bike, in many UCI races such as Tour de Langkawi and Tour de Flores.

6
愛三工業レーシングチーム
日本
Japan
AISAN RACING TEAM
AISAN RACING TEAM
愛三工業レーシングチーム(UCI登録名:AISAN Racing Team)は、自動車部品メーカーの「愛三工業株式会社」を母体とする自転車ロードレースチームです。母体である愛三工業も世界18カ国でビジネス展開していることで、チームにもグローバルな活動が求められています。目標を世界に目を向けることで、日本全体のロードレースの競技力アップとなると考え、引き続きグローバルポジションに立ち、世界へチャレンジして行きます。

Sponsored by the global auto parts supplier AISAN INDUSTRY CO., LTD., AISAN Racing Team has been challenging for world level as well. With keeping the positive attitude approaching the world always, the team also tries to contribute to improve competing level of Japanese cycling.
 
7
ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
日本
Japan
BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM
BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM
1964年に創部した「ブリヂストンサイクル自転車競技部」がはじまり。 創部から50年以上の歴史あるチーム。1999年にブリヂストンサイクルのレーシングブランド「アンカー」の発表と共に「世界の頂点を目指して」をコンセプトにプロチーム「チーム ブリヂストン・アンカー」にチーム名を変更。現在はロード、MTBクロスカントリー、トラック競技、シクロクロス、4種目で活動しており、現在はリオオリンピック参加の内間選手、全日本ロードチャンプの初山選手、そしてタイムトライアルチャンピオンの西薗選手が在籍しております。

The team has over 50 years history since the establishment as "Bridgestone Cycle Racing Team" in 1964. When the company introduced its racing brand "Anchor", the team has changed the name into "Team Bridgeston Anchor" with the concept "Aim for the top of the world". Since then, the team has 4 divisions including road racing which Uchima(Rio Olympian), Hatsuyama(Road National Champion) and Nishizono (Former Road National Champion) belong to.
 
8
インタープロサイクリングアカデミー
日本
Japan
INTERPRO CYCLING ACADEMY
INTERPRO CYCLING ACADEMY
長野県飯田市を拠点とし、日本から世界の舞台を目指し、自転車界において日本とフランスの関係を構築していく目的のもとに2006年に設立された。日本人5人、フランス人4人、エリトリア1人の日仏系育成チームだ。昨年はJプロツアーで11勝をあげ、ランキング5位と過去最高の成績を残した。2017年からはUCIコンチネンタルチームとなり、さらに高いプロレベルのレースに参戦。Jプロツアーでは5位以内、UCIレースでは複数優勝を目指す。

Interpro Cycling Academy, based in Iida City, Nagano Pref., has been established in 2006 for the purpose of aiming for the world stage and building the relationship between Japan and France in cycle race world.
The Japanese - French developing team,consisting of 5 Japanese, 4 French and 1 Eritrean riders, made remarkable results including 11 wins in J-pro Tour last season. Registered as UCI continental team from this year, the team in challenging in higher-level races to make better results as will as to win UCI races.
 
9
キナンサイクリングチーム
日本
Japan
KINAN CYCLING TEAM
KINAN CYCLING TEAM
キナンサイクリングチームは、和歌山県に本社を構える株式会社キナンをメインスポンサーとし、国内外でのレース活動を主とした自転車ロードレースチームです。地元の和歌山県、三重県にまたがる熊野地域で毎年行われるUC(I 国際自転車競技連合)公認の国際ロードレース「Tour de 熊野」での優勝とレースイベントの成長を最大の目標とし、それにより熊野地域への貢献、地域活性、スポーツ振興、自転車文化の発展に尽力していきます。また、もう一つの活動拠点、愛知県を中心に行われるレース KINAN COUPE DE AACA(通称AACAカップ)では、若手選手の育成や東海地区でのレースイベント活性化と発展に協力していきます。

Kinan Cycling Team, sponsored by KINAN Co., LTD., based in Wakayama Pref., is the road racing team for both home and abroad. The team's ultimate goal is to win UCI race "Tour de Kumano" held in their hometown as well as trying to make contributions to the community and promote to develop the local cycling culture.
 
10
マトリックスパワータグ
日本
Japan
MATRIX POWERTAG
MATRIX POWERTAG
アクティブ型ICタグの開発・製造・販売を行うマトリックスがメインスポンサーで、監督を筆頭にイケメンが揃う大阪府高石市を拠点とするチーム。
今シーズンは、ホセ・ビセンテ・トリビオがツール・ド・熊野個人総合チャンピオンを獲得。さらに元全日本チャンピオンの佐野淳哉と土井雪広を擁するなど、強力なメンバーによって熱き戦いを繰り広げる!

Based in Takaishi City, Osaka and with MATRIX INC. the company of development, manufaturing and sales of active IC tags as the main sponsor, the team of this season challenges for the exciting battle with the strong riders like Jose Visente who won GC of Tour de Kumano and former national champions, SANO Junya and DOI Yukihiro.
 
NIPPO
ROYCE' SUBARU