ツール・ド・北海道2015
Union Cycliste Internationale ASIA TOUR Japan Cycling Federation
競輪&オートレースの補助事業 KEIRIN.JP toto(スポーツは育てることができる)
■チーム
チーム一覧 #2 / Team List #2
11
那須ブラーゼン
日本
Japan
NASU BLASEN
NASU BLASEN
那須ブラーゼンは、日本初の観光地での地域密着型ロードレースチームです。那須に育まれたチームとして『那須=自転車』のイメージ構築、自転車による那須地域の活性化・健康・観光、そして自転車の復興・普及に寄与していき地域に根差し、愛され、貢献するチームを目指します。

While being the first community-based cycle road team based in tourist destination in Japan, Nasu Blasen aims to revitalize Nasu region as "the town of the bicycle", through contributing to local health and tourism by promoting cycling to local people.
 
12
シマノレーシングチーム
日本
Japan
SHIMANO RACING TEAM
SHIMANO RACING TEAM
1973年のチーム立ち上げ以来40年以上の歴史を数える伝統のチーム。過去、多くの日本チャンピオンやオリンピック代表選手を輩出してきた。近年は『世界トップレベルで活躍する選手育成』という目的を掲げ可能性を持つ若手選手中心のチームへと変化、2017年全日本選手権では、トップ10に4名を送り込み着実な進化を見せている。

As one of the most prestigious teams in Japan with over 40 years history, Shimano Racing Team has produced many remarkable riders since its foundation in 1973. In recent years, the team has focused on developing young promising riders to challenge for the world level and started making steady progress by making good result like 4 riders finished in top 10 in National Championships this year.
 
13
チーム右京
日本
TEAM UKYO / UKO
Japan
TEAM UKYO
TEAM UKYO
Team UKYOは、元F1ドライバーの片山右京が2012年に結成したUCIコンチネンタルチームです。本拠地は神奈川県相模原市。日本人8名、スペイン人6名、オーストラリア人1名の計15名からなり、2017年ロード日本チャンピオンの畑中勇介や、ツアー・オブ・ジャパン2016,2017連覇のオスカル・プジョル等が所属しています。

UCI continental team, Team UKYO has been founded in Sagamihara City,
Kanagawa Prefecture by former F1 driver, Ukyo KATAYAMA in 2012. The team consists of 8 Japanese, 6 Spanish and 1 Aurtralian riders including 2017 National Road Champion HATANAKA Yusuke and Oscar PUJOR who won GC of Tour of Japan for 2 years in a row.
 
14
宇都宮ブリッツェン
日本
Japan
UTSUNOMIYA BULIZEN
UTSUNOMIYA BULIZEN
宇都宮ブリッツェンは、レース活動やスポーツ教育活動を行う地域密着型チームです。日本に於けるレース文化の発展を目標として、各種レース情報の配信などを積極的に行っています。また、自転車の持つ多様な機能を街づくりに活かすための社会貢献活動にも積極的に取り組み、広い意味での”自転車文化の普及”にも尽力していきます。昨年優勝の増田は病気静養中のため、参加は難しいかもしれませんが、今大会もアグレッシブに勝利を目指します!"

As a community-based cycle road race team, Utsunomiya BLITZEN has not only been participating in races but also dedicating to educate and promote sport culture. Setting the development the cycle race culture in Japan as a goal, the team has been delivering various race information. MASUDA, the defending champion of Tour de Hokkaido, might not be able to make it to the race due to his medical condition, the team will aim for the victory aggressively.
 
15
北海道地域選抜
日本
Japan
SELECTED HOKKAIDO
SELECTED HOKKAIDO
第1回大会から参加している地元北海道チーム。北海道を拠点として活動中の選手から、毎年予選で選考された選手で構成される。選抜チームでの本大会出場が、北海道内選手の目標であり、選手育成に一役を担っている。

Selected Hokkaido, consisting of local riders survived from qualifying race,has been participating in Tour de Hokkaido since the first edition. To take part in Tour de Hokkaido as the member of this team is the one big motivation for riders in Hokkaido while it plays significant role to develop them.
 
16
日本大学
日本
Japan
NIHON UNIVERSITY
NIHON UNIVERSITY
昭和26年度に創部した部で、卒業生を500名以上輩出し、全国で50名以上の卒業生が高校教諭として高校生の指導にあたっている。池村部長(法学部長・教授)、水落副部長(文理学部教授)のご指導のもと、本来個人スポーツである自転車競技をチームスポーツとして戦ってきている。規則正しい合宿所生活・厳しい上下関係で鍛え育てられた学生は卒業後に社会人として各分野で活躍している。

Nihon University Cycling Team has produced more than 500 graduates since its foundation in 1951. The team philosophy trains not only physically also mentally, which helps them do great work in various fields as members of society oeven after their graduation.
17
京都産業大学
日本
Japan
KYOTO SANGYO UNIVERSITY
KYOTO SANGYO UNIVERSITY
2年連続出場できたことを嬉しく思っています。昨年の経験を活かし、さらに平坦でのスピードを重視したチーム編成としました。ステージ3位以内に入れるようあらゆる展開に対応したいと思います。中井・安田の登坂力・曽我部のスプリントに注目ください。

We are happy to make it to Tour de Hokkaido 2 years in a row. From the experience of last year, our team roster focuses on the speed on flat course this year. We will try our best to be flexible in any situation to finish within top 3 in stages. Hill climbing of NAKAI and YASUDA, and sprint of SOGABE are mustsee.
 
18
鹿屋体育大学
日本
Japan
NATIONAL INSTITUTE OF FITNESS & SPORTS IN KANOYA
NATIONAL INSTITUTE OF FITNESS & SPORTS IN KANOYA
国内唯一の国立4年制体育大学として、最先端の科学トレーニングと鹿児島の温暖で恵まれた環境のもと、日々精進しています。ツール・ド・北海道はチームで最重要大会の一つとして位置付けており、国内外のプロチームの方々と一緒に走らせていただけるレベルの高いレースなので、存在感をしっかり示せるよう全力で積極的にチャレンジさせていただきます。

As the only national 4 year sports university in Japan, National Institute of Fitness & Sports in KANOYA has been seriously training under the best environment, thanks to warm weather, abundant nature and scientific training system. Tour de Hokkaido is the high level race to compete with Professional teams from home and abroad. The team will challenge aggresively to making its strong presence and better results.
 
19
中央大学
日本
Japan
CHUO UNIVERSITY
CHUO UNIVERSITY
我がチームは全日本選手権トラック団体追い抜き優勝や全日本学生選手権チームロード優勝などの実績がありスピードを武器にしているチームです。特に全日本選手権トラックにてポイントレースを制した今村駿介のスピードは目を見張るものがあります。また尾形尚彦などの登坂力に長けている選手もおりバランスの取れたチームです。

Chuo University is well-balanced team consisting of both sprinter (IMAI
Shunsuke) and climber (OGATA Naohiko). The team has won in many competitions including National Championships Team Persuit and Intercollegiate Team Road Race Championships.
 
20
北海道大学
日本
Japan
HOKKAIDO UNIVERSITY
HOKKAIDO UNIVERSITY
当チームは1987年にツール・ド・北海道出場を目的として創部されました。昨年度に引き続きの出場で、部の一大目標である本大会に向けて入念な準備を積んできました。応援して下さる多くの方々の期待や地元の声援に応えられるよう、全力で走り抜きたいと思います。

The team was founded in 1987 to aim for participating in Tour de Hokkaido. The team has been preparing for the tour to . We will do our best to make it the finish line to fulfill the expectation from many supporters and locals.
NIPPO
ROYCE' SUBARU